【ダイエット中の飲み会】「太らない」ために気を付けたい11個のこと

  • 飲み会に誘われたけど、ダイエット中だし、太らないか心配
  • ダイエットの飲み会では、どんなことに、気を付けたらいいのだろう?

 

久しぶりに、飲み会に誘われて、息抜きに参加したいのだけれども、ダイエット中だしどうしよう?

 

やっぱり、飲み会って太る?
ダイエット中に、飲み会に誘われると、とても悩みますよね。

 

せっかく、頑張ってダイエットしているのに、飲み会に参加すると、カロリーオーバーで、一気に体重が増えそうな気がしますよね。

 

実は、ダイエット中でも、飲み会に参加しても、太らない方法があります。

 

●ダイエット中の飲み会で太らないために気を付けたい事
それは、事前の準備と、食べる物や飲む物を、しっかりと選ぶことです。
飲み会の参加前に、少し体重調整をしたり、飲み会前に、血糖値が急上昇しないように、少し工夫したりするだけで変わります。
また、居酒屋のメニューが、全て太るわけでは、ありません。

 

食べていいのも、控えないといけない物を、しっかりと理解して選んで、食べ飲みすることで、ダイエット中でも十分に飲み会を楽しめます。

 

このページでは、そんなダイエット中の飲み会について、ダイエット経験者の私が、分かりやすく解説しますので是非、最後まで読んで下さい。

 

これを、知るとこで、ダイエット中でも楽しく飲み会に参加できますので、ぜひ、最後まで読んで来てください。

 

それでは、解説に入ります。

 

▶︎空腹対策】「低糖質、低カロリー食品」ランキング(罪悪感なく食べられる)

▶︎人気のオンラインフィットネスおすすめランキング

▶︎【ダイエット中の飲み会】「太らない」ための対策(まとめ)

 

 

楽しい雰囲気で、ついつい、食べ過ぎたり、飲み過ぎたりしては、せっかくのダイエットも台無しです。

 

ダイエット中の飲み会では、次のことを少し意識してみましょう。

 

  • 飲む前に水(白湯)を飲む
  • 乳製品・青汁を飲む
  • 朝、昼ご飯を調整して参加する
  • 割り勘負けは気にしない
  • 揚げ物の要注意
  • 世話役にまわる
  • ダラダラ飲まないように時間を決めて行く
  • おつまみは糖質を控え、たんぱく質や食物繊維を積極的に摂る
  • 飲み会に向けて身体(体重)調整
  • 帰りは一駅歩く
  • 帰り道のコンビニは寄らない

 

ダイエット中の飲み会は、これらを気をつけるだけで、翌日の後悔がなくなります。

 

それぞれ、解説していきますね。

 

飲む前に水(白湯)を飲む

 

とりあえず、生ビールで‼︎

 

 

うし
飲み会といえば、やっぱり生ビールだよね。

 

 

冷たいビールは、美味しいのですが、ダイエット中なら、飲み会の前に少し「白湯」を飲んでおきましょう。

 

理由は、冷たいビールは、飲みすぎると体が冷えて、新陳代謝がダウンし、太りやすくなるからです。

 

具体的には、飲み会が始まる30分前ぐらいに、コップ1杯の白湯を、飲みましょう。

 

夏場であれば、常温水でもOKです。

 

うし
冷たい「水」はNGだよ。

 

白湯は胃腸や肝臓の働きを、助ける効果もあるので、飲み会中は、ビールと交互に飲めば、翌朝もラクになります。

 

うし
お酒の量も減って一石二鳥だね。

乳製品・青汁を飲む

 

白湯を飲むとは、別の方法として、乳製品や青汁を飲みましょう。

 

理由は、飲み会前に乳製品を摂ると、アルコールの吸収スピードが遅くなります。

 

また、青汁は食物繊維になるので、飲むと血糖値の急上昇を抑えてくれます。

 

アルコール吸収が早いと、酔いが早くなり、食べ過ぎの制御が、効きにくくなります。

 

また、血糖値の急上昇は、脂肪をたくさん取り込み、太る原因になります。

 

牛さんも、乳製品を取るの?
うし
そうだけど。

 

へー。そうなんだ。

▶︎おすすめ野菜のプロが本気で作った本当に美味しい青汁

 

朝、昼ご飯を調整して参加する

 

朝、昼を食べずに、参加すれば、ガッツリ食べても、大丈夫だよね。

 

 

うし
・・・。

 

飲み会、当日の朝、昼の食事は少し、控えめにしておきましょう。

 

理由は、飲み会では、ついつい食べ過ぎて、カロリーオーバーになるからです。

 

具体的には、昼食は炭水化物を控えて、タンパク質を中心の和食メニューにするといいですよ。

 

「きんぴらごぼう定食」とかどうだろう?

 

うし
いいね。それにしても、なかなかシブいところをつくね。

 

全く食べないのはNG。

 

飲み会で、ガッツリ食べたいからといって、朝から食事抜きにしないようにしましょう。

 

空腹時間が長いと、脳は飢え死にすると錯覚を起こし、吸収が良くなり、太りやすくなります。

 

・・・そうなんだ。

割り勘負けは気にしない

 

会費が4500円だから、3杯以上は飲まないとなあ。

 

 

うし
その気持ちも、よーく分かるよ。

 

 

ダイエット中の飲み会では、コストパフォーマンスのことは、頭から外して、雰囲気を楽しみましょう。

 

理由は、お金を払ったのだから、その分は食べないと損になる、という考えをすると、ついつい食べ過ぎたり、飲み過ぎたり、してしまいます。

 

ダイエット中の飲み会では、損得勘定よりも、その場の雰囲気を、思いっきり楽しみましょう。

 

揚げ物の要注意

 

牛串カツ、最高ー。

 

うし
羊くん・・・。

 

 

あっ‼︎。

揚げ物は、飲み会の定番ですね。

 

特にコースメニューでは、お店の都合もあり、早い段階で大量に出てくることも、あります。

 

空きっ腹に、アルコールからの、揚げ物は、要注意ですね。

 

また、アルコールが入ると、脳の制御機能がOFFになりやすく、ついつい食べてしまいがちなので、私は、揚げ物と目を合わせないように、しています。

 

牛くん、こっちを見ないでー。

世話役にまわる(話すことに重点を置く)

 

ダイエット中の飲み会では、率先して幹事や世話役に、まわりましょう。

 

理由は、動くことで、場の雰囲気に馴染むからです。

 

具体的には、お皿に取り分けたり、ドリンクを注文したりして、動くことで、お箸が止まっていても、気になりません。

 

お箸が止まっているけど、どうしたの?

 

うし
いや、ダイエ・・・。

 

また、幹事を引き受けて、太りにくいメニューのコースで、21時頃までに食事が終わるように、セッティングするといいでしょう。

 

感謝もされて、太らないし、一石二鳥ですね。

 

ダラダラ飲まないように時間を決めて行く

 

楽しい飲み会ですが、行くときは時間を決めて参加するようにしましょう。

 

理由は、つい盛り上がって、二次会、3次会とノリで参加してしまい、食べ、飲み過ぎてしまうからです。

 

具体的には、「一次会だけ」、「10時まで」とリミットを決めて、参加するようにしましょう。

 

誘われると、なかなか断れなくて・・・
断るのが苦手な方は、参加前に宣言しておくと、言い出しやすいですよね。

 

もちろん、「二次会に参加してはいけない」という、わけではありません。
ダラダラと飲むことが、ダイエットの習慣を変えてしまうので、自分なりのルールを持って、楽しみましょう。

 

おつまみは糖質を控え、たんぱく質や食物繊維を積極的に摂る

 

おつまみ系の、手軽に食べれるものは、糖質が多いものもあるので、注意しましょう。

 

特に、飲み会の中盤の、少しお腹が膨れてき頃のおつまみは、フライドポテトや練り物を、食べてしまいがちです。

 

しかし、練り物やフライドポテトは、糖質が多いので、気をつけましょう。

 

おつまみなら、枝豆、野菜スティック、一本きゅうり、冷奴、冷やしトマトなど、タンパク質や食物繊維を、多く含むものを選びましょう。

 

草系は得意だけど。

 

うし
おい‼︎

飲み会に向けて身体(体重)調整

 

飲み会を思う存分、楽しむなら、2日前くらいから、調整するのがおすすめです。

 

2日ほど前から、少し食事のカロリーをセーブしつつ、軽い運動(40分程度のウォーキング)でカロリーを消費しておくと、当日は少しぐらい、無茶をしてもだい丈夫です。

 

  • 「空腹は綺麗のスパイス」(川島直美)
  • 「デブはひと口でデブになったわけではない」(中国のことわざ)

 

こんな名言集を読んで、それを常に頭の片隅において、宴会に臨むと、気が引き締まるでしょう。

 

帰りは一駅歩く

 

飲み会の帰りは、一駅歩きましょう。

 

理由は、歩くことで、エネルギーを消費し、食べたものを脂肪として蓄えにくくなるからです。

 

酔い覚ましとしてもちょうど、いいですね。

 

アルコールが入っているので、くれぐれも身体と相談しながら行いましょう。

 

帰り道のコンビニは寄らない

 

酔い覚ましに、歩いて帰っていると、目に入るのがコンビニです。

 

のどが乾いたので、コンビニで水を買おう。あ、美味しそうなプリンを発見。

 

ほろ酔いでの、コンビニは、とても危険です。

 

飲み物を買いに、寄ったつもりが、ついつい、アイスやスィーツまで、買ってしまいがちです。

買わないつもりでも、寄ると最後。

 

飲み会帰りのコンビニは、寄らないのが吉。

 

ダイエット中の飲み会:食べ過ぎた次の日の対処法

 

ここまで、読んであなたは、もう飲み会対策はバッチにはず。

 

それでも、やはり、楽しい飲み会なので、ついつい、食べ飲み過ぎてしまうことも、あると思います。

 

そんな時の、対処法について紹介します。

 

もし、食べ飲み過ぎてしまったら、後悔して悩むよりも、一刻も早く行動しましょう。

 

おすすめの方法はこちらです。

 

●食べ過ぎた翌日の簡単リセット方法

  • 48時間以内にリセットする
  • 糖質を控える
  • ウォーキングする
  • 縄跳びをする
  • エクササイズする
  • 胃袋を小さくする意識
  • 部屋の片付けをする
  • 子供と公園に行く
  • とにかく出かける

 

食べ過ぎた次の日の簡単リセット方法について、さらに詳しく知りたい方は、【食べ過ぎた次の日】直ぐに出来る「簡単リセット方法」の記事をご覧下さい。

 

【ダイエット中の飲み会】「太らない」ために気を付けたい11個のこと(まとめ)

 

今回は、ダイエット中の飲み会で、気を付けたいと11個のこと、について解説しました。

 

うし
本記事の要約だよ。

●ダイエット中の飲み会で気を付けたい11個の事

  • 飲む前に水(白湯)を飲む
  • 乳製品・青汁を飲む
  • 朝、昼ご飯を調整して参加する
  • 割り勘負けは気にしない
  • 揚げ物の要注意
  • 世話役にまわる
  • ダラダラ飲まないように時間を決めて行く
  • おつまみは糖質を控え、たんぱく質や食物繊維を積極的に摂る
  • 飲み会に向けて身体(体重)調整
  • 帰りは一駅歩く
  • 帰り道のコンビニは寄らない