【プロテインを何で割る?】「まずい・粉っぽい」を美味しくする方法

  • プロテインって、何で割って飲むのが、いいのだろう?
  • プロテンを飲みはじめたけど、まずくて飲みにくい
  • プロテインの粉っぽさが苦手。何かいい方法はないだろうか?

 

今回はこんな、お悩みを解決していきます。

 

プロテインは、さまざまな飲み方がありますが、プロテインを飲みはじめたばかり、粉っぽくて、まずいという方におすすめの飲み方は、次の通りです。

 

●プロテインのおすすめの飲み方

  • 牛乳+きな粉+コーヒー

 

ということで、今回はプロテインを何で割る?アレンジでまずい・粉っぽいを解消について、解説していきます。

 

プロテイは粉っぽく、飲みにくいですが、飲み方を工夫することで、粉っぽさやまずさは、解消できます。

 

ダイエットをしていく中で、プロテインは、とても便利なアイテムです。

 

飲み方を工夫し、プロテインを活用しながらダイエットすることで、健康的に理想の体型を、手に入れることができますので、是非、最後まで読んでください。

 

それでは、解説に入ります。

 

プロテインを何で割る?

 

プロテインの基本的な割り方には、次の3つがあります。

 

  • 牛乳(低脂肪・乳飲料・牛乳)
  • 豆乳

 

それぞれ、解説していきますね。

 

 

超基本的な飲み方が、「水」です。

 

水で割るメリット・デメリットは、次の通りです。

 

●プロテインを水で割るメリット・デメリット

  • メリット:余分な成分を摂取せずに、プロテインの成分をだけを摂ることができる。
  • デメリット:飲みにくい。粉っぽさを感じやすい。初心者には不向き。

 

牛乳(低脂肪・乳飲料・牛乳)

 

牛乳には3種類あります。

 

うし
牛乳はイチ推しだね?

 

コラコラ。落ち着いて。

 

牛乳はタンパク質と脂肪分を含むので、ダイエット中には、上手に組み合わせたいですね。

 

●牛乳の種類の特徴

  • 低脂肪:脂肪分が少ないが、牛乳の味が薄いので、粉っぽさやプロテインの味を感じやすい。
  • 牛乳:牛乳の味が、粉っぽさやプロテインの味を、中和してくれるので、飲みやすい。
  • 乳飲料:脂肪分が多いが、粉っぽさやプロテインの味を感じにくく、初心者にはおすすめ。

 

 

 

 

え‼︎牛乳って、こんなに種類があるの。

 

うし
そうだよ。

 

明治公式サイト:牛乳の種類

 

牛乳の種類によっても、プロテインの飲みやすさが変わるので、

 

プロテインの種類×牛乳の種類×自分の好み

 

で、自分に合うのを見つけてみましょう。

 

豆乳

 

豆乳には、次の3種類があります。

 

●豆乳の種類

  • 無調整豆乳:豆乳の味。砂糖を含まないので、ダイエット向き。
  • 調整豆乳:飲みやすいが、砂糖を含む。ダイエット中なら、牛乳などと、組み合わせて飲むのが吉。
  • 豆乳飲料:バリエーションが豊富。色々な成分を含むので、プロテインとの組み合わせは控えたい。脂肪分OFFなどの表示に注意。

 

どうして、脂肪分OFFなどの表示は、注意なの?

 

うし

正確には、「脂肪分」と「糖質」を間違えないようにね。

OFFの文字につられて、買ってしまいがちだけど、ダイエット中は、糖質の摂りすぎに注意しないとね。

企業努力だね。

 

豆乳はダイエット中の、プロテインには、おすすめしたい組み合わせです。

 

しかし、調整豆乳など、砂糖を含むものは、注意しましょう。

 

プロテインを何で割る?:まずい・粉っぽいを美味しくする方法

 

プロテインが粉っぽい、まずいって、言われるのには、上手く溶けていない問題と、味の問題があります。

 

●粉っぽい問題

  • お湯で溶かす
  • ホットミルクで溶かす

●まずい問題

  • きな粉をMIX
  • 甘酒をMIX
  • ハチミツをMIX
  • ココアをMIX

 

それぞれ、解説していきますね。

 

プロテインの粉っぽいを美味しくする方法

 

プロテインを、水で溶かすと、「だま」になりますよね。

 

だまになると、飲んだ時に、粉っぽい感じがでます。

 

そこで、プロテインが、だまにならない解決策を2つ紹介しますね。

 

お湯で溶かす

一つ目はお湯です。

 

少量を少しずつ、加えながら溶かすと、だまにならずに、いい感じで溶けていきます。

 

うし
小麦粉を、溶かすような、イメージだね。

 

少しずつ溶かして、ペースト状にします。

 

ペースト状にしたら、水や牛乳など、好みのもので割っていきましょう。

 

ホットミルク

ホットミルクが、溶けやすいです。

 

牛乳で飲む場合、冬場や冷え性の方におすすめです。

 

ホットミルクの場合も、少量から徐々に加えて、溶かしていきましょう。

 

牛さん、大活躍だね。

プロテインのまずいを美味しくする方法

 

基本的に、プロテインは、味がなくまずいです。

 

うし
一部、美味しいという方もいますが、もう、好みですよね。

 

また、甘さや味がするものもありますが、添加物や人工甘味料が、加えらているので、身体のことを考えると極力、無添加のプロテインがいいでしょう。

 

そんな、プロテインの不味さを、解消する方法を、紹介していきます。

 

きな粉をMIX

きな粉は、大豆の成分を摂れて、添加物なども少なく、きな粉の味が、程よくプロテインの、不味さを中和してくれて、おすすめです。

 

私の一押しは、「プロテイン+牛乳+きな粉+コーヒー」です。

 

休憩でも、間食でも、朝食でも、どの場面でも、活躍してくれます。

 

  • プロテイン:規定のカップ1杯
  • きな粉:大さじ1杯
  • 牛乳:多め
  • コーヒー:少なめ

 

注意点としては、プロテインときな粉を、上手に溶かして、ペースト状にするのが大切です。

 

また、コーヒー+プロテインを「プロッヒー(proffee)」と言って、栄養補給に、飲んだりする人もいます。

 

リラックスと栄養補給ができて、一石二鳥ですね。

 

甘酒をMIX

「飲む点滴」と言われる甘酒とのコラボは、ハイキングやスポーツの後、疲労感が強い時、夏バテにおすすめです。

 

甘酒って、甘いよね?ダイエット中でも大丈夫?

甘酒に含まれる甘さは、麹が発酵するときに発生する、ブドウ糖とオリゴ糖なので、自然の甘差なんです。

 

うし
ブドウ糖とオリゴ糖も「糖」なので、摂りすぎは良くないけど、砂糖よりは、健康にいいので、上手に取り入れたいね。

 

また、プロテインのたんぱく質は、腸内で悪玉菌になりやすく、悪玉菌が増えると、ぜんどう運動が悪くなり、「便秘」になりやすくなります。

 

甘酒に含まれる、オリゴ糖は善玉菌の餌になり、腸内環境を整えてるので、プロテインとの相性はいいです。

 

甘酒にも、砂糖や添加物が、含まれるものも、あります。

 

米麹タイプは比較的に、砂糖を使っていないものが多いので、甘酒を選ぶときは、「米麹タイプ、無添加」の甘酒を、選ぶようにしましょう。

 


 

甘酒に関する記事は、外部サイトの【甘酒】おすすめランキング(最新2021)サイトもご覧ください。

 

ハチミツをMIX

蜂蜜の甘さは、プロテインのまずさを、打ち消してくれます。

 

また、ハチミツには、ビタミン類、アミノ酸、ミネラル、酵素など、さまざまな栄養が含まれています。

 

プロテインにはちみつを加えることで、ダイエット中に控えている、甘さの補給と、不足しがちな栄養補給が、できて一石二鳥です。

 

うし
くれぐれも、摂りすぎには、注意だよ。


 

うし

どこか懐かしい味と香りが特徴。

リーズナブルで生ハチミツを試したい方におすすめ。

 


 

うし

濃厚でクリーミーな味わいだよ。

殺菌作用、抗炎症作用の成分を含み、風邪予防、インフルエンザ予防、口臭予防、虫歯予防などの効果も期待できるよ。

 

ココアをMIX

ココアは牛乳との相性もよく、しっかりとした味なので、プロテイン独特の味も消してくれます。

 

また、ココアポリフェノールは、生活習慣病の予防や、老化防止効果も期待できます。

 

コーヒーが苦手な方は、ココアでリラックスするのも、おすすめです。

 

うし
ダイエット中なら、ココアを選ぶ時も、無糖を選ぶようにしましょう。


 

プロテインを何で割る?:アレンジ健康志向編

 

続いてのアレンジは、味よりも健康重視した、組み合わせを紹介していきます。

 

健康を優先したい方におすすめしたいのが、次の2点です。

 

  • 青汁
  • 野菜ジュース

 

それぞれ、解説していきますね。

 

プロテインを何で割る?青汁でアレンジ

 

青汁と言えば…。

 

まずい、もう1杯。で有名だね。

まずい(プロテイン)×まずい(青汁)で化学反応が起きて…。

 

 

やっぱり、まずいか〜。

 

それでも、最近の青汁は、飲みやすくなっています。

 

ダイエット中は、ある程度の食事制限をするので、やはり、栄養が不足してしまいがちです。

 

ダイエットを成功させても、不健康になっては、意味がありません。

 

また、繰り返しになりますが、プロテインのタンパク質は、悪玉菌のエサとなり、腸内環境が乱れ、便秘になりやすくなります。

 

なので、青汁で食物繊維を補うのは、プロテインとの相性はいいですよね。

 

よし、身体を想って、薬たと思って飲もう。

 

うし
少しずつ、味わって飲むのではなく、濃厚でも、少量で、一気に飲むと、「まずさ×まずさ」は感じにくいよ。

 

おすすめの青汁は、21種類の九州産野菜をブレンド。完全無添加青汁です。

 

プロテインを何で割る?野菜ジュースでアレンジ

 

野菜ジュースもまずいイメージですが、最近は飲みやすくなっています。

 

厚生労働省の「健康21」は、1日に摂取したい野菜の量を、350g以上としています。

 

生野菜なら両手盛りで約70g。

 

1日に必要な350gを摂ろう思えば、両手盛りの野菜70g×5杯。

 

かなりの量ですよね。

 

全然、余裕だよ〜。

 

うし
キミはね。

 

そんな、野菜不足を補ってくれるのが、野菜ジュースです。

 

忙しい朝は、野菜ジュースとプロテインのゴールテンコンビで、決まりですね。

 

健康にダイエットするなら、欠かせないアイテムです。

 

おすすめの野菜ジュースは、コレステロール基準値が気になるアナタに!【緑でサラナ】です。

 

プロテインを何で割る?:アレンジで「まずい・粉っぽい」を美味しくする方法(まとめ)

 

今回は、プロテインを何で割る?アレンジでまずい、粉っぽいを解消について、解説しました。

 

うし
本記事の要約だよ。

●プロテインを何で割る?

  • 牛乳(低脂肪・乳飲料・牛乳)
  • 豆乳

●プロテインを何で割る?アレンジ編まずい・粉っぽいを美味しくする方法

・粉っぽい問題

  • お湯で溶かす
  • ホットミルクで溶かす

・まずい問題

  • きな粉をMIX
  • 甘酒をMIX
  • ハチミツをMIX
  • ココアをMIX

●プロテインを何で割る?アレンジ健康志向編

  • 青汁
  • 野菜ジュース