【痩せたいけど食べたい】と悩む人へ‼︎無理せず食べながらでもダイエットは可能

  • ダイエット中なのに、直ぐにお腹が空いてしまう。
  • ダイエット中なのに、食欲が止まらない。
  • 空腹を我慢するダイエットは嫌だ。

 

あきと
こんにちは。あきと
@hitujidiet)です。

 

今回は、こんなお悩みを解決していきます。

 

実は、ダイエットを成功させるには、無理な我慢や極端な食事制限は、おすすめしません。

 

理由は、長続きしないからです。

 

食べながらダイエットするポイントは、次の通りです。

 

●食べながらダイエットするポイント

  • 3食事をきっちり食べる
  • 食物繊維、たんぱく質を意識する
  • 置き換えをするならサイドメニューを加える
  • おやつはルールを決める
  • 運動は忘れずに
  • 記録をつける

 

ということで、今回は痩せたいけど食べたいと悩む人へ、無理せず食べながらでも、ダイエットは可能について、解説します。

 

この方法は、即効性は弱いですが、ゆるやかでも徐々に減量かつ、確実に痩せたい方に向く方法です。

 

特に40代のダイエットや、ダイエット初心者は、無理すると体に悪影響を及ぼすので、ゆるくでも確実に減る方がおすすめです。

 

これまで、様々なダイエットにチャレンジしてきた私が、分かりやすく解説しますので、是非、最後まで読んで下さい。

 

それでは、解説に入ります。

 

▶︎空腹対策】「低糖質、低カロリー食品」ランキング(罪悪感なく食べられる)

▶︎人気のオンラインフィットネスおすすめランキング

 

【痩せたいけど食べたい】食べながらダイエットするポイント

 

食べながらダイエットするポイントは、次の通りです。

 

  • 3食事をきっちり食べる
  • 食物繊維、たんぱく質を意識する
  • 置き換えをするならサイドメニューを加える
  • おやつはルールを決める
  • 運動は忘れずに
  • 記録をつける

 

それぞれ、解説しますね。

 

3食事をきっちり食べる

 

食べながらダイエットするなら、3食きっちり食べましょう。

 

え‼︎ダイエットするのに食べていいの?

 

うし
食べても大丈夫です。

 

理由は、極端な食事制限は、続かないからです。

 

具体的には、1日1食ダイエットや、1食抜きのダイエットは、一瞬は体重が減るかも知れませんが、長続きしません。

 

それよりも、食べないで、空腹を我慢することが、ストレスとなり、ドカ食いする原因となります。

 

なので、「痩せたいけど食べたい」と、我慢せずに、3食しっかりと食べましょう。

 

また、食事を抜くことで、省エネの体になり、脂肪が燃焼しにくい体になるので、しっかりと食べるようにしましょう。

 

▶︎関連記事:【ダイエット朝ごはん】食べた方が痩せる3つの理由を解説(簡単朝食レシピ付き)

 

食物繊維、たんぱく質を意識する

 

食べながらダイエットするなら、食物繊維やたんぱく質を意識しましょう。

 

理由は、食物繊維やたんぱく質は、食事の満足感がUPするからです。

 

具体的には、食物繊維は食べる時に噛みごたえがあり、満足感があります。

 

また、食物繊維は腸内で水分も吸収し、膨らみゆっくりと消化するものもあり、腹持ちがいいものもあります。

 

たんぱく質も食べ応えがあり、ゆっくりと消化するので腹持ちがよく、次の食事まで空腹になりにくく、間食防止になります。

 

たんぱく質のおすすめは、「卵」です。

 

卵は糖質が低く、食べな柄のダイエットには、欠かせないアイテムです。

 

▶︎関連記事:【ゆで卵ダイエット】のメリット・デメリットを簡単に解説

 

置き換えをするならサイドメニューを加える

 

置き換えダイエットをするなら、サイドメニューを加えましょう。

 

理由は、置き換えの食材だけでは、お腹が空くからです。

 

具体的には、豆腐やスムージーなどに、置き換える場合、単品になりがちですが、単品だとやはりお腹が空きます。

 

なので、置き換えをする場合でも、上記にある食物繊維やたんぱく質を、サイドメニューで加えましょう。

 

▶︎関連記事:【置き換えダイエット】おすすめスムージーランキング

 

おやつはルールを決める

 

食べながらダイエットするなら、おやつはルールを決めましょう。

 

おやつも食べていいの?

ダイエット中でも、おやつを食べてもOKです。

 

理由は、おやつは満足感をUPしてくれるからです。

 

うし
僕の「おやつ」のルールを紹介するね。

 

●おやつのルール

  • 1日に1回
  • 100kcal以内
  • 食べる時はおやつに集中
  • ながら食べをしない
  • ルール違反したら前後で調整

 

おやつも、食べないと体重は減りやすいが、我慢がストレスになるので、上手に取り入れるのが重要。

 

運動は忘れずに

 

食べながらダイエットするなら、運動は忘れずに。

 

食べたものは、直ぐに脂肪になるのではなく、一定期間ブドウ糖のまま蓄えられて、その後、脂肪となり身に付く。

 

この一定期間の蓄えられているときに、運動をすることで、エネルギーとして使われ、脂肪にならずに済みます。

 

なので、食べたら燃焼するサイクルを、習慣化しましょう。

 

おすすめの運動は、ウォーキングです。

 

ウォーキングは、有酸素運動で脂肪燃焼にピッタリです。

 

▶︎関連記事:【ダイエットウォーキング】皮下脂肪を撃退する効果的なやり方(まとめ)

 

記録をつける

 

食べながらダイエットするなら、記録を付けましょう。

 

理由は、食べた量や質を把握することができるからです。

 

具体的には、その日に食べたものを、ノートに書き込んでいきます。

 

私は手帳に書く方が、やりやすい。

書くのが苦手な人は、スマホで写真を撮るのでもOK。

 

口にした物を後から見ることで、量は多くないか?糖質は多くないか?など、冷静に見ることができます。

 

1日の終わりに、振り返りをする習慣をつけると、食べならでも痩せる習慣がレベルUPします。

 

健忘記録としてSNSに投稿するのもおすすめです。

 

▶︎関連記事:【計るだけダイエットのやり方】痩せるために守りたい3つの事

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

akari(@ak.ari1300)がシェアした投稿

 

 

 

 

【痩せたいけど食べたい】食べながらダイエットするポイント(まとめ)

 

今回は、痩せたいけど食べたいと悩む人へ、食べながらダイエットするポイントについて、解説しました。

 

うし
本記事の要約だよ。

●食べながらダイエットするポイント

  • 3食事をきっちり食べる
  • 食物繊維、たんぱく質を意識する
  • 置き換えをするならサイドメニューを加える
  • おやつはルールを決める
  • 運動は忘れずに
  • 記録をつける