【オイコスダイエット】痩せるための「注意点」と「やり方」を解説

  • オイコスダイエットは効果があるのかな?
  • いつ食べるのが効果的なのかな?
  • ダイエットに失敗したくない。

 

あきと
こんにちは。あきと
@hitujidiet)です。

 

ということで、今回は、オイコスダイエットで、痩せるための「注意点」と「やり方」について、解説していきます。

 

濃厚な口当たりで、たんぱく質を多く含み、低カロリー、脂肪0とダイエットや健康意識の高い人に人気のオイコスヨーグルト。

 

TwitterやInstagramでも、ダイエッターの投稿では、頻発するオイコスですが、本当にダイエット効果があるのか?どんな食べ方をしたらいいのか?気になりますよね。

 

オイコスダイエットの注意点は、次の通りです。

 

●オイコスダイエットの注意点

  • メインはプレーン無糖を食べよう
  • 低カロリーには注意
  • 「ねっとり」しているからダイエットに効く訳ではない
  • 3食をオイコスにしない
  • 食べたら痩せるものでない
  • 運動を習慣化する

 

ということで、今回は、オイコスダイエット、痩せるための「注意点」と「やり方」について、解説していきます。

 

オイコスは、高タンパク、低脂肪で、手軽に食べられるので、ダイエットする人には嬉しい食材ですが、摂り方を間違えると、痩せるどころか、太る原因にもなります。

 

ダイエット中の人や、これからダイエットしようと考えている方が、オイコスの特徴を理解し、ダイエットの味方になるように、ダイエット経験者の私が分かりやすく解説しますので是非、最後まで読んで下さい。

 

それでは、解説に入ります。

 

▶︎空腹対策】「低糖質、低カロリー食品」ランキング(罪悪感なく食べられる)

▶︎人気のオンラインフィットネスおすすめランキング

 

オイコスダイエットの注意点

 

オイコスダイエットするときの注意点は、次の通りです。

 

  • メインはプレーン無糖を食べよう
  • 低カロリーには注意
  • 「ねっとり」しているからダイエットに効く訳ではない
  • 3食をオイコスにしない
  • 食べたら痩せるものでない
  • 運動を習慣化する

 

それぞれ、解説しますね。

 

メインはプレーン無糖を食べよう

 

ダイエットするなら、プレーン無糖を食べましょう。

 

というのも、ストロベリーやブルーベリーなどには、甘いソースが入っているからです。

 

  • プレーン砂糖不使用:71kcal/炭水化物:5.2g
  • ストロベリー:92kcal/炭水化物:12.1g

*1個当たり(113g)

 

 

 

 

20kcalぐらいしか、変わらないし、少しは甘くて美味しい方がいいのに。

 

うし
そうだね。でも、目的がダイエットだからね。

 

カロリーにすれば、少しの差ですが、甘さを求めることで、結局は日常の食生活で、「甘さ」がないと物足りない食生活に、なってしまいます。

 

なので、ダイエットでオイコスを食べるなら、プレーン無糖を食べましょう。

 

もし、タンパク質が摂りたいなら、「プロテイン」や「ゆで卵」という選択肢もあります。

 

また、デザートとするなら、「ご褒美」「チートデイ」として、好きなスイーツを食べる方が、私はおすすめします。

 

関連記事

ゆで卵って太ならない? ゆで卵ダイエットのやり方を知りたい ゆで卵ダイエットて、よく聞くけど、効果はあるのかな?   あきと こんにちは。あきと (@hitujidiet)です。[…]

 

関連記事

ダイエットをするのに、プロテインは必要? プロテインを飲むと、筋肉ムキムキにならない? プロテインを飲むと、どんないいことがあるの?   あきと こんにちは。あきと (@hitu[…]

 

低カロリーには注意

 

インターネットを見ていると、「オイコスは低カロリー」と、言われているものが、多くあります。

 

うし
果たして、本当に低カロリーなのか、見ていきましょう。

 

例えば、オイコスを「間食」として食べた場合。

 

  • オイコスストロベリー(113g):92kcal/炭水化物:12.1g
  • リベラ(1袋50g):262kcal/炭水化物:27.7g
  • こだわり極みプリン:214kcal炭水化物:16.8g

 

間食として、オイコスストロベリー味を1個食べても、100kcal以下で、他のおやつと比べても、低カロリーと言えます。

 

 

 

 

 

うし
次は、ヨーグルトで比べてみよう。
  • プレーン砂糖不使用(113g):71kcal/炭水化物:5.2g
  • ストロベリー(113g):92kcal/炭水化物:12.1g
  • ブルガリアヨーグルト(100g):62kcal/炭水化物:5.3g
  • ナチュレ恵(100g):63kcal/炭水化物:5.4g

 

同じヨーグルトだと、決して低カロリーとは、言えません。

 

比べるものによって、違うんだね。

「低カロリー」ってとこだけを、切り取って理解して、たくさん食べないように気をつけましょう。

 

「ねっとり」しているからダイエットに効く訳ではない

 

オイコスは、他のヨーグルトと比べて「ねっとり」としています。

 

ねっとりしていると、「濃厚なので効きそう」、「ねっとり感が脂肪にからみついて痩せそう」と考えたりします。

 

しかし、ねっとりと痩せるは別物です。

 

ねっとりしているから、痩せると思って、食べ過ぎないように注意しましょう。

 

3食をオイコスにしない

 

ダイエットでよくある〇〇ダイエットです。

 

確かに3食をオイコスにすると、痩せるはずです。

 

しかし、栄養に偏りが出るので、体にはよくありません。

 

また、結局は飽きて継続できず、リバウンドしてしまいます。

 

なので、オイコスダイエットでは、3食をオイコスにしないようにしましょう。

 

もし、するとしたら、1週間以内の期間限定ぐらいにしましょう。

 

うし
体重の変化、瞬間風速の一瞬の変化は期待できるかな。

 

食べたら痩せるものでない

 

インターネットを見ていると、「3食をオイコスにすると痩せる」、「3食オイコスを1週間生活で痩せた」というのを見ます。

 

しかし、これはオイコスを食べたから痩せたのではなく、単にカロリーが制限されたので、痩せたのでしょう。

 

もちろん、この方法を否定するものではなく、「オイコスを食べると痩せる」と勘違いしないようにしましょう。

 

食べたら痩せるのではなく、栄養素の一つのたんぱく質が、他のヨーグルトよりもたくさん含まれている、という視点から、食べるようにしましょう。

 

運動を習慣化する

 

オイコスダイエットで効果を出すには、運動を習慣化するようにしましょう。

 

オイコスの1番の特徴は、たんぱく質が豊富なところです。

 

たんぱく質を摂取して、身体を動かすことで、筋肉がついて、代謝が良くなり痩せやすくなったり、リバウンドしにくくなります。

 

なおで、オイコスダイエットする場合は、運動を習慣化するようにしましょう。

 

オイコスのメリット

 

オイコスの特徴は、次の3つです。

 

  • タンパク質が多い
  • 脂肪分0
  • 比較的に手に入りやすい

 

それぞれ、解説していきますね。

 

タンパク質が多い

 

オイコスは、たんぱく質が方に含まれます。

 

他のヨーグルトの3倍近く、たんぱく質が含まれています。

 

  • プレーン砂糖不使用(113g):71kcal/たんぱく質:12g
  • ストロベリー(113g):92kcal/たんぱく質:10.2g
  • ブルガリアヨーグルト(100g):62kcal/たんぱく質:3.4g
  • ナチュレ恵(100g):63kcal/たんぱく質:3.5g

 

1日のたんぱく質の摂取量は、性別、年齢、運動量によって違いますが、平均的に男性:約65g、女性:50gと言われます。

 

オイコス1個で、たんぱく質10gが取れるのは、嬉しいですね。

 

脂肪分0

 

オイコスに含まれる脂肪分は0です。

 

例えば、たんぱく質を、たくさん含む食品といえば「肉」です。

 

肉にはたんぱく質が多く含まれますが、「脂肪分」も多く含まれます。

 

なので、肉でたんぱく質を摂ろうとすれば、脂肪分もたくさん摂ることになります。

 

また、脂肪分が少ない部位は、コストがかかります。

 

なので、オイコスのように脂肪分が少なくて、たんぱく質が多い食品は、ダイエットにはピッタリです。

 

比較的に手に入りやすい

 

オイコスは、スーパー、コンビニ、ドラッグストアーと、比較的に簡単に手に入ります。

 

ダイエットを成功させるには継続することが大切で、手に入りやすいのは、嬉しいポイントです。

 

オイコスのデメリット

 

オイコスのデメリットは、次の2つです。

 

  • 値段が高い
  • 「ねっとり」していて口にまとわりつく

 

それぞれ、解説していきますね。

 

値段が高い

 

オイコスは、1個150〜180円と、ヨーグルトの中ではやや高めです。

 

1日に1個を毎日、食べたとしたら一ヶ月で、5100円(170円×30日)ほどの費用がかかります。

 

少しでも安く買う方法としては、まとめ買いや、コストコで買うと少しはコストを抑えられます。

 

「ねっとり」していて口にまとわりつく

 

オイコスは、ねっとりとした食感です。

 

水分が少なくて、ねっとりと食感が苦手な人にとっては、合わないかも知れません。

 

独特の食感は、好き嫌いが分かれるよね。

オイコスダイエットのやり方

 

オイコスダイエットのやり方は、次の3つです。

 

  • 朝食
  • 間食にする
  • 運動後に食べる

 

それぞれ、解説しますね。

 

朝食

 

オイコスを食べるなら、「朝ごはん」に食べましょう。

 

理由は、朝はエネルギーチャージの時間だからです。

 

具体的なやり方は、白米やパンなど、炭水化物の置き換えとして、オイコスを食べましょう。

 

また、その際に、野菜やおかずなども、しっかりと食べることで、栄養バランスを取りつつ、カロリーを抑えることができます。

 

ご飯を食べないと、途中でお腹が空かない?
うし
オイコスは、結構、腹持ちがいいよ。

 

関連記事

ダイエット中だけど、朝ごはんを食べた方がいい? どうして食べた方が痩せる? 食べるときにどんなことに気を付けたらいいのだろう?   今回は、こんなお悩みを解決していきます。  […]

 

間食にする

 

オイコスを、間食にするのもおすすめです。

 

上記にあるように、他のおやつに比べれば、低カロリーです。

 

また、腹持ちもいいので、夕食の食べ過ぎ防止にもなります。

 

うし
「おやつ」として食べるなら、ストロベリー味など、甘いソースが入っていのでもOKだね。

運動後に食べる

 

オイコスを食べるなら、運動後に食べるのもおすすめです。

 

なぜなら、オイコスにはたんぱく質が、多く含まれるからです。

 

どうして、運動後にたんぱく質を、摂るといいの?

運動をすると筋肉を使います。

 

その使った筋肉を回復させるのに、たんぱく質が必要だからです。

 

うし
特に身体を引き締めたい、メリハリのある身体を造りたい人におすすめだね。

オイコスダイエット:食べるなら食前食後のどちらがいい?

 

オイコスダイエットで、オイコスを食べるなら、食前に食べましょう。

 

理由は、次の2つです。

 

  • 満腹感で食べ過ぎ防止効果
  • 血糖値の上昇を抑えてくれる

 

それぞれ、解説しますね。

 

満腹感で食べ過ぎ防止効果

 

オイコスは、ねっとりしていて、食べ応えがあります。

 

なので、食事前や食事の前半に食べる事で、胃に残り満足感出ます。

 

血糖値の上昇を抑えてくれる

 

空腹時に炭水化物や甘いものを、いきなり食べると、血糖値が急上昇します。

 

すると、血糖値を下げるために、インシュリンが多く出て、脂肪を溜め込みやすくなります。

 

食事の前半に、野菜やたんぱく質を食べることで、血糖値の急上昇を防いでくれます。

 

なので、オイコスダイエットするなら、食事前に食べるようにしましょう。

オイコスのおすすめアレンジレシピ

 

オイコスのアレンジレシピは、次の通りです。

 

  • オイコスのフローズンヨーグルト

 

それぞれ、解説しますね。

 

オイコスのフローズンヨーグルト

 

オイコスのフローズンヨーグルトの作り方は超簡単です。

 

オイコスをそのまま「冷凍庫」に入れて凍らすだけ。

 

それだけ?
うし
そう。超簡単。

 

 

凍らすとカチカチに。

 

 

 

ひっくり返しても落ちない。

 

 

アイスみたいに。

 

アイスよりもヘルシーで、暑い夏にぴったり。

 

【オイコスダイエット】痩せるための「注意点」と「やり方」(まとめ)

 

今回は、オイコスダイエット、痩せるための「注意点」と「やり方」について、解説してきました。

 

うし
本記事の要約だよ。

●オイコスダイエットの注意点

  • メインはプレーン無糖を食べよう
  • 低カロリーには注意
  • 「ねっとり」しているからダイエットに効く訳ではない
  • 3食をオイコスにしない
  • 食べたら痩せるものでない
  • 運動を習慣化する

●オイコスのメリット

  • タンパク質が多い
  • 脂肪分0
  • 比較的に手に入りやすい

●オイコスのデメリット

  • 値段が高い
  • 「ねっとり」していて口にまとわりつく

●オイコスダイエットのやり方

  • 朝食
  • 間食にする
  • 運動後に食べる