【夏の暑さでウォーキングできない】「5つ対処法」と「夏ウォークの注意点」

  • 夏の暑さで、ウォーキングができない。
  • 夏場の運動は、どんな工夫をしたらいいのだろう?
  • 夏場のウォーキングは何に気をつけたらいいのだろう?

 

あきと
こんにちは。あきと
@hitujidiet)です。

 

今回は、こんなお悩みを解決していきます。

 

ダイエットでウォーキングをしているけど、真夏は暑くて歩けない。

 

頑張って、ダイエットしているけど、夏の暑さには勝てないですよね。

 

そんな時は、ちょっとした工夫をすることで、暑い夏も運動を、続けることができます。

 

暑さで、ウォーキングが出来ない時の対処法は、次の通りです。

 

●暑さでウォーキングが出来ない時の対処法

  • ウォーキング前の冷却
  • 室内で運動
  • 時間帯を変える
  • 服装を変える
  • 天気予報で週間計画を立てる
  • <番外編>プールウォーキングをする

 

ということで、今回は、「夏の暑さでウォーキングできない」5つ対処法と夏ウォークの注意点について、解説します。

 

これから、紹介する対処法を、上手に取り入れば、運動の習慣が途切れないので、結果、減量成功へとつながりますので、ぜひ、最後まで読んでみてください。

 

それでは、解説に入りますね。

 

▶︎ダイエットで「ウォーキング」するのが「恥ずかしい」時の対処法

▶︎空腹対策】「低糖質、低カロリー食品」ランキング(罪悪感なく食べられる)

▶︎【ダイエット】に「ウォーキング」は効果的?その「やり方」を徹底解説(まとめ)

 

夏の暑さでウォーキングできない時の5つ対処法

 

夏の暑さで、ウォーキングができない時の対処法は、

 

  • ウォーキング前の冷却
  • 室内で運動
  • 時間帯を変える
  • 服装を変える
  • 天気予報で週間計画を立てる
  • <番外編>プールウォーキングをする

 

それぞれ、解説していきますね。

 

ウォーキング前の冷却

 

ウォーキングに出かける20分前に、冷却をしましょう。

 

冷却する場所は、首の背中側です。

 

ウォーキング前に、冷却することで、体温を下げることができ、かなり暑さをしのげます。

 

冷却をしなら、ウォーキングしてもOKです。

 

室内で運動

 

真夏の暑い時は、室内で運動をするのもありです。

 

ダイエットで大切なのは、継続して運動をすることです。

 

なので、猛暑の時期は、一時的に室内での運動で代用し、天気を見ながら、上手に取り入れましょう。

 

室内で身体を動かしておけば、ウォーキングを再開しても、直ぐに身体が動きます。

 

時間帯を変える

 

朝、夜の太陽が出ていない時間帯に、ウォーキングをするのも、おすすめです。

 

特に「朝」はおすすめです。

 

1時間、早いだけでも、気温は全く違います。

 

日が昇って気温が上がる前に、済ませましょう。

 

また、朝は人や車も少なく、歩きやすいです。

 

うし

朝、1時間、早く起きて活動すると、1日が有意義に過ごせて、一石二鳥だよ。

 

▶︎関連記事:【ダイエットウォーキング】効果的な「時間」と「時間帯」につい解説

 

服装を変える

 

直接、日光が当たらない服装にすると、暑さをしのげます。

 

具体的には、首元や腕なども、日が当たらない服装にしましょう。

 

真夏に、長袖の服を着ると、暑いのじゃないか?

 

と、思われる方も、いると思いますが、直射日光が当たると、体感温度は高くなります。

 

最近は、通気性のいいウェアーがあるので、涼しいですよ。

 


 

 

日傘を持つという方法も、ありますが、腕振りができなくなるので、あまりおすすめできません。
毛皮は暑いよ〜。

天気予報で週間計画を立てる

 

週間天気予報を見て、曇りや比較的に気温が低めの日を、チェックして、運動の計画を立てましょう。

 

迷っているうちに、時間が過ぎてしまったり、無計画な休みは、継続の妨げになりますよ。

 

ウォーキングと室内での運動を、織り交ぜて計画的に運動すると、ダイエット効果も抜群です。

 

<番外編>プールウォーキングをする

 

水中ウォーキングは、消費カロリーが多く、季節に関係なく、ダイエット運動として、取り入れている方も多いです。

 

プールまで行かなといけない、着替えないと、いけないなどの手間はありますが、暑い夏も快適に、運動ができます。

 

会員にならなくても、1日だけ利用できるジムもあるので、夏場限定で取り入れるのもありですね。

 

▶︎関連記事:【ダイエットウォーキング】水中ウォーキングの「消費カロリー」と体を引き締める7つ方法

 

夏のウォーキングの注意点

 

夏場のウォーキングでは、次の2点について注意しましょう。

 

  • 水分補給
  • 汗をかくのが目的ではない
  • 体調管理

 

それぞれ、解説していきますね。

 

水分補給

 

夏場のウォーキングは、しっかりと、水分補給をしながら、行うようにしましょう。

 

汗と同時に、塩分やミネラルも出るので、上手に補給をしましょう。

 

ここで注意しないといけないのが、スポーツ飲料、塩飴など、塩分やミネラルを、補給すると同時に、糖分をたくさん摂ってしまうと、ダイエット効果が出ません。

 

●飲んでOK

  • お茶
  • 炭酸水

●注意したい飲料

  • スポーツドリンク
  • 栄養ドリンク
  • 野菜ジュース
  • Okcalジュース

 

0kcalジュースは、摂取カロリーが無いので、大丈夫と思うかも知れませんが、摂り過ぎると、インシュリン分泌のバランスが崩れて、太りやすい体質になるので、注意しましょう。
マジ‼︎0kcalだから安心してたのに・・・。

 

汗をかくのが目的ではない

 

ダイエットでありがちな、「汗をかく=ダイエット」に、ならないように、気をつけましょう。

 

汗をかいて体重が減るのは、「水分量」なので、水分補給をすれば、元に戻ります。

 

なので、暑い夏場のウォーキングで、大量の汗をかいて、体重が減ったと、一喜一憂しないように、しましょう。

 

また、汗をかいたら、しっかりと水分補給をしましょう。

 

▶︎関連記事:【ダイエットウォーキング】初心者でも簡単にできる正しい歩き方(3つのポイント)

 

体調管理

 

猛暑が続くと、体力も奪われます。

 

ダイエットをする中で、継続して運動することは、とても大切ですが、くれぐれも無理はしないようにしましょう。

 

「せっかく、ここまで休まずに運動をしてきたのに、休むと戻ってしまいそう」、と思うかもしれませんが、このサイトの内容を、しっかり守れば、たとえ、2〜3日運動をしなかったとしても、急激に体重が戻ることはありません。

 

戻るとしたら、食事の見直しが必要です。

 

また、暑さで食欲が減ったことを理由に、極端な食事抜きのような、食生活には注意しましょう。

 

うし

極端な制限は成果も出やすいけど、戻るのも早いよね。

も〜〜〜、戻った‼︎

 

▶︎関連記事:「歩く」と「走る」どっちが痩せる?ダイエット効果があるのは?(スロージョギングで効果UP)

▶︎関連記事:【ダイエットウォーキング】効果がない時に見直す3つのポイント

 

夏の暑さでウォーキングできない時の対処法【まとめ】

 

今回は、夏の暑さでウォーキングできない時の対処法について解説しました。

 

うし
本記事の要約

●夏の暑さでウォーキングができない時の5つの対処法

  • ウォーキング前の冷却
  • 室内で運動
  • 時間帯を変える
  • 服装を変える
  • 天気予報で週間計画を立てる
  • <番外編>プールウォーキングをする

●夏のウォーキングの注意点

  • 水分補給
  • 汗をかくのが目的ではない
  • 体調管理

 

ダイエットは、継続することが、大切です。

 

今回、紹介した内容を取り入れながら、暑い夏を上手に乗り切って、しっかりと結果を出していきましょう。