【ダイエットウォーキング】「食前食後」どっちが減量できる?

  • ダイエットで、ウォーキングするなら、食前と食後では、どちらが痩せる?
  • 食前、食後のウォーキングでは、どんなことに気をつけたらいい?

 

今回は、こんな疑問にお答えしていきます。

 

うし
同じウォーキングでも、食前と食後では、ウォーキングの効果は、違ってきます。

 

●ダイエットで減量するなら、食前のウォーキングが、おすすめです。

  • 食前のウォーキング:脂肪燃焼←ダイエット向き
  • 食後のウォーキング:脂肪蓄積防止←体型維持

 

ということで、今回はダイエット経験者の私が食前食後のウォーキングの違いと、やり方、注意点について、解説していきますね。

 

食事のタイミングの違いを知ることで、ダイエット効果にも、違いが出ます。

 

分かりやすく、解説していきますので、ぜひ、最後まで、読んでください。

 

それでは、解説に入りますね。

 

▶︎【置き換えダイエット】おすすめスムージーランキング

▶︎【ダイエットウォーキング】皮下脂肪を撃退する効果的なやり方(まとめ)

 

【ダイエットウォーキング】「食前食後」どっちが減量できる?

 

ダイエットで、痩せることを、目的とするなら、食前のウォーキングが、おすすめです。

 

理由は、食前のウォーキングは、脂肪を燃焼、してくれるからです。

 

具体的には、食前は体内の糖質が消費されているので、体に蓄えている、脂肪を燃焼してエネルギーに変えて、身体を動かします。

 

なので、ダイエットで、痩せたいのなら、食前にウォーキングを、するようにしましょう。

 

一方で、食後のウォーキングは、食事で食べた物をエネルギーとして、身体を動かします。

 

なので、体型維持、脂肪を蓄積したくない人は、食後のウォーキングがおすすめです。

 

ここまでを、まとめると、

 

  • 食前のウォーキング:脂肪燃焼←ダイエット向き
  • 食後のウォーキング:脂肪蓄積防止←体型維持

 

うし
朝ごはんは、食べても太りにくい、と言われるのは、食べた後も活動して、エネルギーを、消費するからだね。

 

▶︎関連記事:【ダイエットウォーキング】初心者でも簡単にできる正しい歩き方(3つのポイント)

 

食後のウォーキングは夜がおすすめ

 

食後のウォーキングは、夜がおすすめです。

 

理由は、夜は食べて寝るだけなので、食べたエネルギーを蓄積しやすいからです。

 

例えば、夕食を19時ごろまでに済ませて、19:30ごろから40分のウォーキングをなら、寝るまでに余裕を持って、運動することができます。

 

うし
夜は暗いので、自転車や車に気をつけてね。

 

夜の車の運転では、意外と歩行者が、見えにくいものです。

 

なので、夜のウォーキングは、光に反射する素材を、持つようにしましょう。

 


 

【ダイエットウォーキング】「食前食後」のウォーキングの注意点

 

食前食後、どちらのウォーキングをするにしても、嬉しい効果は、期待できそうだけど、注意しないと、いけないこともあるので、それぞれ解説していきますね。

 

食前ウォーキングの注意点

 

食事前のウォーキングは、

 

  • 水分補給
  • 糖質補給

 

に注意しましょう。

 

それぞれ、解説していきますね。

 

水分補給

 

食事前は、前回の食事からの間隔が、空いている状態です。

 

すると、身体の水分は、減っている状態です。

 

でも、汗をかいていないよ。

 

うし
おお、いい質問だね。

 

 

たとえ、汗をかいていなくても、蒸発などにより、一定の水分は、体から出て行っています。

 

なので、ウォーキング前には、コップ一杯ていどの水分補給をしましょう。

 

よし、ダイエットコーラを・・・

 

うし
コラァ〜‼︎

 

おすすめは、

 

  • ミネラルウォーター
  • お茶
  • 炭酸水

 

糖質補給

 

食事の前は、血糖が低くなっています。

 

血糖が低くなった状態で、ウォーキングをすると、低血糖で体調を壊したり、脂肪の燃焼が悪かったりします。

 

なので、ウオーキング前に少し糖分を、補給しましょう。

 

え?脂肪を燃焼させるために、ウォーキングをするのに、糖分を補給するの?

 

 

うし
そうだよ。

 

血糖が低い状態での運動は、身体が「餓死状態」すると勘違いして、逆に脂肪を燃焼しない、省エネの身体になります。

 

特に、朝イチのウォーキングは、少し糖質を補給してから、行うと効果的ですよ。

 

おすすめは、次の通りです。

 

 

▶︎関連記事:【ダイエット朝ごはん】食べた方が痩せる3つの理由を解説(簡単朝食レシピ付き)

 

食後ウォーキングの注意点

 

食事後のウォーキングは、次の点に注意しましょう。

 

  • 消化不良
  • 30〜1時間以内に開始
  • ゆっくりのスピード

 

それぞれ、解説していきますね。

 

消化不良

食後すぐにウォーキングをすると、血液が胃腸ではなく、筋肉の方へ回るので、消化不良を起こしやすくなります。

 

なので、30分程度は、休むようにしましょう。

 

食べて、すぐに横になると「牛」になると言うけど、健康にはいいんだね。

 

うし
そう。

 

 

30分〜1時間以内に開始

 

食後すぐのウォーキングは、胃腸に負担がかかるけど、1時間以上過ぎると、身体は食べて消化吸収した、エネルギーを蓄積する作業に入っていきます。

 

このタイミングで、ウオーキングをすることが、大切ですね。

 

食後は片付けなどもあり、主婦の方によとっては、難しい時間帯ですが、上手に時間確保しましょう。

 

▶︎関連記事:「歩く」と「走る」どっちが痩せる?中間の「スロージョギング」がおすすめ

 

ゆっくりのスピード

 

食後のウォーキングをする場合は、ややゆっくりのスピードで、ウォーキングをするようにしましょう。

 

理由は、身体に負担がかかるからです。
ゆっくりと散歩をする感じで、スピードよりも、運動時間を意識して、ウォーキングをしましょう。
目安の時間は、20〜30分ほどです。

 

今夜は、食べ過ぎたからめっちゃ運動しなきゃ。

 

うし
食べ過ぎた時にリカバーのためにたくさん運動するのはOK。強度の強い運動をするのはNG。
運動の強度よりも、持続して動かすことを意識するといいよ。

 

【ダイエットウォーキング】継続するコツ

 

継続するコツは、次の4つです。

 

  • 時間を決める、時間の先取り
  • 週末のみから始める
  • 運動器具と組み合わせる
  • 形から入る

 

それぞれ、解説しますね。

 

時間を決める・時間の先取り

 

ダイエットやウォーキングが、なかなか継続できない人のおすすめの方法は、「時間を決める」、「時間の先取り」です。

 

理由は、継続できない人は、先ずは習慣化することが、大切だからです。

 

具体的には、一日や3日分のスケジュールを作成する。作成するときにウォーキングをする時間も組み込む

 

スケジュールが完成したら、あとは実行するだけ。決めた予定は変えない。

 

これで、継続することは可能です。

 

例えば、「ロングバケーション」を見るために、月曜の8:55にはテレビの前にスタンバイしたい。

 

そのためには、ご飯を済ませて、片付けを済ませて、そのためには、6時にまでに帰らないといけない、そのためには、あの仕事は朝イチで済ませておかないと、月末だからあの仕事もしておかないと…。とスケジュールをしていたはず。

 

この、「ロンバケ枠」にウォーキングを入れ変えて、スケジュールすれば完成です。

 

え‼︎そこまでしないといけないの?

 

 

うし
まずは、習慣化することが大切だね。ダイエットで成功する人、ウォーキングできる人は、天才ではなく、することをきっちりしているだけだね。

 

 

うし
さあ、いつする?

 

 

今ですか?

 

うし
ズコっ‼︎(今でしょう)

 

 

▶︎関連記事:【ダイエットウォーキング】効果的な「時間」と「時間帯」につい解説

 

週末のみからはじめる

 

ウォーキングを始めてみようと思うけど時間がない、時間の先取りも上手くいかなかった方は、週末のみからはじめてみましょう。

 

週末のみなら、時間の先取りもしやすいし、無理なく始められます。

 

週末のみで痩せれる?

正直なところ、週末のみでは、なかなか痩せる効果は現れません。

 

え‼︎じゃ意味がない?
うし
意味がないことはないよ。

 

週末のみのウォーキングでも、継続すれば、結果は出ます。

 

その場合は、運動量が少ないので、食事コントロールでカバーするといいですよね。

 

また、週末のみのウォーキングでも、「歩く習慣」がつくことで、ちょっとした移動を歩くようになったり、エレベーターを使わず、階段を使うようになったりと、習慣が変わる効果も期待できます。

 

なので、週末のみのウォーキングでも十分にダイエット効果は期待できます。

 

運動器具と組み合わせる

 

次の継続するコツは、運動器具と組み合わせるです。

 

運動器具と組み合わせることで、身体を動かす習慣がつきやすくなります。

 

継続できない人の特徴は、一度、休んでしまうと、スイッチが切れて、辞めてしまいます。

 

分かる〜。スイーツを制限していても、一度、食べてしまうとスイッチが切れしまうのと同じだね。

例えば、ウォーキングは週に2回で、間は運動器具を使って家で運動をする。

 

こうすることで、毎日、少しずつでも身体を動かすことが、ウォーキングや運動をする習慣を作ります。

 

運動器具は、有酸素運動を行えるものがいいので、ステッパーやトランポリンがおすすめです。

 

▶関連記事:【40代ダイエット】おすすめ運動器具|ステッパー厳選3選(選び方・種類)

▶関連記事:【40代ダイエット】おすすめ運動器具|トランポリン厳選3選(選び方)

 

形から入る

 

継続するには、形から入るのもおすすめです。

 

お気に入りの靴やウエアーを買うことで、ウォーキングをするのが楽しみになります。

 

私も、ウォーキングシューズを履いてウォーキングをしたときは、「靴でこんなにも違うのか」と衝撃でした。

 

ウォーキングシューズを買ってからは、本当にウォーキングが楽しくなりました。

 

なので、形から入るのもおすすめです。

 

▶関連記事:【ダイエットウォーキング】重たい靴は疲れる?「疲れない靴の選び方」(10個のポイント)

 

【ダイエットウォーキング】「食前食後」どっちが減量できる?(まとめ)

 

今回は、ダイエットするには、食前食後のどちらに、ウォーキングをするのが効果的なのか、運動を継続するコツについて、解説しました。

 

うし
本記事の要約だよ。

 

●【ダイエットウォーキング】「食前食後」どっちが減量できる?

  • 食前のウォーキング:脂肪燃焼
  • 食後のウォーキング:脂肪蓄積防止

●【ダイエットウォーキング】「食前食後」のウォーキングの注意点

食前の注意点:

  • 水分補給
  • 糖質補給

食後の注意点:

  • 消化不良
  • 30〜1時間以内に開始

【ダイエットウォーキング】継続するコツ

  • 時間の先取り、1日スケジュール作成、決めたら実行
  • 週末のみ始める
  • 運動器具と組み合わせる
  • 形から入る

 

ウォーキングはダイエットにも、健康的な身体を、保つのにも大切ですね。

 

計画的に日常生活に取り込んで、しっかりと結果を出していきましょう。

 

●ダイエットしたい人に読んで欲しい記事