【ダイエット中の焼肉】低カロリー部位ランキング(太りにくい食べ方)

  • 2021年11月17日
  • 2022年6月15日
  • 焼肉
  • ダイエット中に焼肉を食べるなら、どの部位がおすすめ?
  • 焼き肉で食べる肉で、低カロリーな部位が知りたい。

 

あきと
こんにちは。あきと
@hitujidiet)です。

 

今回は、こんなお悩みを解決していきます。

 

ダイエット中の焼肉で食べてもいい部位は、次の通りです。

 

●低カロリー部位ランキング

  • 1位:センマイ     62kcal
  • 2位:コブクロ           106kcal
  • 3位:レバー              132kcal
  • 4位:シマチョウ         162kcal
  • 5位:ミノ                 182kcal

 

ということで、今回は、焼肉の低カロリー部位ランキングについて解説します。

 

肉は糖質が少なく、タンパク質を摂取できるので、ダイエット中でも積極的に食べたい食材です。

 

しかし、部位によっては、脂質も多く含むので、部位選びが肝心です。

 

ダイエット中の焼き肉でカロリーオーバーにならないように、ダイエット経験者の私が、分かりやすく解説しますので是非、最後まで読んで下さい。

 

それでは、解説に入ります。

 

▶︎人気記事:【3ヶ月で5kg痩せる】「ダイエットの始め方」ロードマップ

▶︎人気記事:ダイエット朝ごはん大全集|何を食べる?

 

無理なく、賢くダイエットするならBASE‼︎

▶︎初回限定20%OFF!完全栄養の主食 BASE FOOD スタートセット


 

【ダイエット中の焼肉】低カロリー部位ランキング

 

ダイエット中でもOKな、低カロリー部位ランキングは、次の通りです。

 

●低カロリー部位ランキング

  • 1位:センマイ     62kcal
  • 2位:コブクロ           106kcal
  • 3位:レバー              132kcal
  • 4位:シマチョウ         162kcal
  • 5位:ミノ                 182kcal

*100gあたり

 

それぞれ、解説しますね。

 

低カロリーランキング1位:センマイ

 

牛には4つの胃があります。

 

  • 1つ目の胃:ミノ
  • 2つ目の胃:ハチノス
  • 3つ目の胃:センマイ
  • 4つ目の胃:ギアラ

 

と名前がついていて、せんまいは、牛の第三の胃です。

 

センマイは、100gあたり62kcalと、焼肉の部位の中では、低カロリーになります。

 

センマイには、「黒センマイ」と「白センマイ」があり、黒い部分を削いだものを「白センマイ」と言うだけで、見た目の違いだけで味は同じです。

 

甘辛ダレごま油で食べると、カロリー高くなってしまうので、ネギポン酢で食べるのがおすすめです。

 

▶︎関連記事:【ダイエット中の焼肉】太らない「タレの選び方」

 

低カロリーランキング2位:コブクロ

 

コブクロは、牛の子宮部分です。

 

コブクロは、100gあたり106kcalと100kcalを超えますが、焼肉の部位の中では、低カロリーになります。

 

コリコリとした食感で、淡泊な味をしています。

 

牛の出産経験のあるかないかでも、見た目や歯ごたえが変わり、一般的には出されるのは、未出産のものが多い。

 

お店によっては、タレに漬け込んでありますが、ダイエット中なら、「ごま油+ネギ塩」がおすすめです。

 

低カロリーランキング3位:レバー

 

レバーは、100gあたり132kcalと焼肉の部位の中では、まずまずの低カロリーになります。

 

基本的に肉は糖質が少ないのですが、レバーは100gあたり、約3,7gと糖質を含むので、食べ過ぎには注意しましょう。

 

低カロリーランキング4位:シマチョウ

 

シマチョウとは牛の大腸のことで、関西では「てっちゃん」とも言われます。

 

羊子
こてっちゃん〜

 

シマチョウは、100gあたり162kcalと焼肉の部位の中では、低カロリーの部類なるが、ご飯1膳ぐらいのカロリーになるので注意したい。

 

かなり歯応えがあり、なかなか噛み切れず、食べ応えがあるところからも、ダイエット向きの部位です。

 

あきと
シマチョウは、下処理に手間がかかるので、シマチョウが美味しいお店は、腕がいいとか。

 

低カロリーランキング5位:ミノ

 

ミノは上記で説明した、牛の第1の胃です。

 

ミノは、100gあたり182kcalと、同じ胃袋でも、センマイの3倍のカロリーになります。

 

あきと
肉が厚い部分は「上ミノ」と言うんだよ。

 

ミノはクセがなく、歯ごたえもいいので、好きな人も多い。

 

ミノを美味しく食べるポイントは、「焼き加減」が大事です。

 

焼き過ぎないように、コロコロ転がして焼くと、パサパサせず美味しく食べられます。

 

無理なく、賢くダイエットするならBASE‼︎

▶︎初回限定20%OFF!完全栄養の主食 BASE FOOD スタートセット


 

【ダイエット中の焼肉】低カロリー部位ランキング(まとめ)

 

今回は、ダイエット中の焼肉で、低カロリー部位ランキングについて、解説しました。

 

あきと
本記事の要約だよ。

●低カロリー部位ランキング

  • 1位:センマイ     62kcal
  • 2位:コブクロ           106kcal
  • 3位:レバー              132kcal
  • 4位:シマチョウ         162kcal
  • 5位:ミノ                 182kcal

*100gあたり

 

無理なく、賢くダイエットするならBASE‼︎

▶︎初回限定20%OFF!完全栄養の主食 BASE FOOD スタートセット