【ダイエット】「焼肉」と「焼き鳥」食べるならどっち?

  • ダイエット中に食べるなら、「焼肉」と「焼き鳥」のどっちがおすすめ?
  • 焼き鳥はダイエットにいい?

 

あきと
こんにちは。あきと
@hitujidiet)です。

 

今回は、こんなお悩みを解決していきます。

 

ダイエット中に肉を食べるなら、「牛」と「鳥」のどっちがいいのだろう?

 

うし
「牛」じゃなくて、「焼肉」でしょ。

 

ダイエット中なら、おすすめは「焼き鳥」です。

 

「焼き鳥」の方がおすすめな理由は、次の通りです。

 

●焼き鳥の方がおすすめな理由

  • 低カロリー
  • 歯応えがある部位が多い
  • 一切れが小さい
  • 焼き肉は食べるペースが早くなりやすい
  • 食べる量が把握できる

 

ということで、今回はダイエット中に、「焼肉」と「焼き鳥」食べるならどっち?について、解説していきます。

 

ダイエット中は、食べるものに、何かと気を使いますが、焼き鳥はポイントを抑えると、罪悪感なく食べることができます。

 

ダイエットを始めたばかりの方でも、しっかりと理解できるように、ダイエット経験者の私が、分かりやすく解説しますので是非、最後まで読んで下さい。

 

それでは、解説に入ります。

 

▶︎【ダイエット中の焼肉】「太らない食べ方」のポイントを徹底解説(まとめ)

▶︎空腹対策】「低糖質、低カロリー食品」ランキング(罪悪感なく食べられる)

▶︎人気のオンラインフィットネスおすすめランキング

 

【ダイエット】「焼肉」と「焼き鳥」食べるならどっち?

 

ダイエット中なら、おすすめは「焼き鳥」です。

 

「焼き鳥」の方がおすすめな理由は、次の通りです。

 

●焼き鳥の方がおすすめな理由

  • 低カロリー
  • 歯応えがある部位が多い
  • 一切れが小さい
  • 焼き肉は食べるペースが早くなりやすい
  • 食べる量が把握できる

 

それぞれ、解説します。

 

低カロリー

 

鶏肉は「皮」周辺に脂肪が多くあるが、他の部位は比較的に脂肪が少なくて、ヘルシーな食材です。

 

また、炭火で焼くことで、余分な油が落とされるので、焼き鳥はヘルシーです。

 

歯応えがある部位が多い

 

焼き鳥は、「歯応え」がある部位が多く、よく噛むことで満腹中枢が刺激されて、少量でも満足感を得られやすいです。

 

●歯応えがある部位

  • 砂肝
  • 軟骨
  • ベラ
  • えんがわ
  • さえずり
  • ふんどし

 

うし
軟骨は「脂分」を含むので、唐揚げよりも、焼き軟骨の方がおすすめ。

 

一切れが小さい

 

「焼き鳥」は「焼肉」に比べて、一切れが小さいです。

 

焼肉は「名刺サイズ」の大きさの肉で、ご飯を巻いて食べるイメージに対して、焼き鳥は「使いかけの消しゴム」ぐらいの大きさの肉で、ご飯の上に乗せて食べるイメージ。

 

焼き鳥は、一切れが小さいので、1食で食べる量は、比較的に少なくダイエット向きです。

 

焼肉は食べるペースが早くなりやすい

 

焼肉は、一緒に行くメンバーによって、食べるペースが左右されます。

 

例えば、焼いた肉を次々とお皿に入れられると、ついつい早いペースで食べてしまいます。

 

また、目の前の網に何も乗っていないと、ついつい何か載せたくなり、ハイペースで肉を焼いてしまい、食べ過ぎてしまいます。

 

一方、焼き鳥はお店側の出すペースはあるものの、ある程度は自分のペースで進めやすいです。

 

食べる量が把握できる

 

焼き鳥は串で出てくるので、「何本食べたか」の確認しながら食べられます。

 

なので、食べ過ぎ防止になります。

 

焼肉はお皿に盛られて出てきて、焼きながら、話しながら、食べながらしているうちに、どれだけ食べたか分からなくなりますよね。

 

なので、知らず知らずのうちに、食べ過ぎてしまいます。

 

ダイエット中に「焼き鳥」を食べるときの注意点

 

ダイエット中に焼き鳥を食べるときの注意点は、次の通りです。

 

●焼き鳥を食べるときの注意点

  • 皮・ぼんじりは控え目にする
  • タレは控える
  • サイドメニューに注意
  • お酒は低糖質を選ぶ
  • 〆のご飯は控えめに

 

それぞれ、解説しますね。

 

皮・ぼんじりは控え目にする

 

ダイエット中の焼き鳥では、皮・ぼんじりなどはカロリーが高いので、控え目にしましょう。

 

また、キンカン・手羽もカロリーが高いので、注意しましょう。

 

甘辛いタレの手羽は美味しよね。

 

うし
タレも注意だよ。次に説明するね。

 

タレは控える

 

タレには砂糖が含まれるので、ダイエット中なら、控えめにしましょう。

 

焼き鳥は、塩やレモンが合う部位も多いので、できるだけタレ以外の味を、選ぶようにしましょう。

 

うし
「塩+七味唐辛子」も美味しいよ。

 

▶︎関連記事:【ダイエット中の焼肉】太らない「タレの選び方」(手作りレシピ付き)

 

サイドメニューに注意

 

サイドメニューには、揚げ物や高カロリーな品もあるので、注意しましょう。

 

特に、フライドポテトには気をつけましょう。

 

▶︎関連記事:【ダイエット中の飲み会】「太らない」ための「メニュー選び」のポイント

 

お酒は低糖質を選ぶ

 

お酒を選ぶ時は、低糖質のお酒を選ぶようにしましょう。

 

例えば、焼酎は糖質が低いお酒ですが、梅酒やシャンデーガフは砂糖が含まれるので、ダイエット中なら、控えましょう。

 

ダイエット中のお酒について、さらに詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

 

▶︎関連記事:【ダイエット中の飲み会】「太らない」お酒の選び方(飲んでもOK)

▶︎関連記事:【ダイエット中の飲み会】「太らない」ために気を付けたいお酒

 

〆の「ご飯」は控えめに

 

焼き鳥を食べた後のご飯には、注意しましょう。

 

「焼肉」よりも「焼き鳥」の方がヘルシーだからと言っても、トータルでカロリーオーバーになったら、ダイエットには向きません。

 

特に、お酒を飲むと、肝臓ではお酒の分解が優先されて、肝臓からブドウ糖が放出されずに、血糖値が下がるので、脳が炭水化物を求めるので、注意しましょう。

 

【ダイエット】「焼肉」と「焼き鳥」食べるならどっち?(まとめ)

 

今回は、ダイエット中に、「焼肉」と「焼き鳥」食べるならどっち?について、解説してきました。

 

うし
本記事の要約だよ。

●焼き鳥の方がおすすめな理由

  • 低カロリー
  • 歯応えがある部位が多い
  • 一切れが小さい
  • 焼き肉は食べるペースが早くなりやすい
  • 食べる量が把握できる

●焼き鳥を食べるときの注意点

  • 皮・ぼんじりは控え目にする
  • タレは控える
  • サイドメニューに注意
  • お酒は低糖質を選ぶ
  • 〆のご飯は控えめに