【ダイエットウォーキング】効果がない時に見直す3つのポイント

  • ウォーキングをはじめたけど痩せない。
  • ウォーキングで効果がないときは、どうしたらいいのだろう?
  • 運動経験がないとウォーキングしても結果は出ないのかな?

 

あきと
こんにちは。あきと
@hitujidiet)です。

 

今回は、こんなお悩みを解決していきます。

 

ウォーキングは、ダイエットにおすすめの運動と言われ、運動経験がなくてもできるので、頑張ってウォーキングを、しているのに痩せない。

 

そんな時に、見直して欲しいポイントが3つあります。

 

●ウォーキングしても効果がない時に見直す3つのポイント

  • ウォーキングのやり方
  • 食事
  • 間食

 

ということで、今回は、ウォーキングで、効果がないときに、見直す3つのポイントについて、解説していきます。

 

ダイエットで成果が出ない場合は、意識するポイントを、少し変えるだけで、結果は変わりますので、是非、最後まで読んでください。

 

それでは、解説に入ります。

 

▶︎ダイエットで「ウォーキング」するのが「恥ずかしい」時の対処法

▶︎空腹対策】「低糖質、低カロリー食品」ランキング(罪悪感なく食べられる)

▶︎【ダイエット】に「ウォーキング」は効果的?その「やり方」を徹底解説(まとめ)

 

【ダイエットウォーキング】効果がない時に見直すポイント1:ウォーキングのやり方

 

ダイエットで、ウォーキングを、しているけど、効果を感じられないのであれば、まずはウォーキングのやり方を、見直してみましょう。

 

見直しのポイントは、

 

  • ウォーキングする時間
  • ウォーキングするタイミング
  • 運動としてのウォーキング

 

です。

 

それぞれ、解説していきますね。

 

ウォーキングする時間

 

ダイエットを目的とする場合は、20分以上の連続歩行を、するようにしましょう。

 

理由は、運動を開始して、20分が過ぎた頃から、脂肪を燃焼し始めるからです。

 

例えば、買い物でスーパーまで10分を、往復で歩いたとします。

 

合計で20分ですが、連続ではありません。

 

歩かないよりは、いいですが、もし、成果が出ないのなら、連続で20分以上の、ウォーキングに変えてみましょう。

 

お買い物は、車だけど。

 

うし
まずは、動くことを意識した方が、良さそうだね。

 

▶︎関連記事:【ダイエットウォーキング】効果的な「時間」と「時間帯」につい解説

 

ウォーキングするタイミング

 

ウォーキングは、運動するタイミングで、ダイエット効果は、変わります。

 

理由は、空腹時は脂肪を燃焼するが、食後は食べた物をエネルギーに変えて、消費するからです。

 

具体的には、朝イチや食事前など、計画的にウォーキングしていきましょう。

 

朝も夕方も全く時間がないよ〜。

 

うし
主婦は忙しいよね。これが、ウォーキングの効果がないと言われる、落とし穴だよね。

 

▶︎関連記事:【ダイエットウォーキング】効果的な「時間」と「時間帯」につい解説

 

運動としてのウォーキング

 

「ウォーキング」=「歩く」ではない。

 

え‼︎どういうこと?

 

うし
運動としてウォーキングしている?

 

運動としてのウォーキングとは、いわゆる、「本気歩き」のようなウォーキングです。

 

例えば、

 

  • ワンちゃんのお散歩
  • お友達と話しながら歩く
  • 途中で立ち話をする
  • 保育園の送り迎えを歩きに変える
  • お買い物

 

など、ウォーキングの本来の目的である運動に「+α」が入って、ついでに歩いている、になっていませんか?

 

このようなことは、悪いワケではありませんが、もし、ダイエット効果を、感じないのであれば、運動とてのウォーキングを、意識してみましょう。

 

▶︎関連記事:【ダイエットウォーキング】効果的な「時間」と「時間帯」につい解説

 

【ダイエットウォーキング】効果がない時に見直すポイント2:食事

 

ウォーキングしても、ダイエット効果を感じないときに、見直すポイントの2つ目は食事です。

 

頑張って運動しても、好きなものを、好きなだけ食べていては、痩せません。

 

見直しのポイントは、

 

  • 量や質の見直し
  • カロリーは見ても、糖質は見ていない
  • 菓子パンを食べている
  • 極端に食事を抜いている
  • タンパク質が足りない

 

です。

 

それぞれ、解説していきますね。

 

量や質の見直し

 

ダイエットで、食事のことは、分かっているけど、本当によくわからないんだよね。

 

うし
そうだね。まずは目安を作ろう。

 

食事の量や質の目安にするのに、おすすめなのが、「病院食」、「給食」が分かりやすいね。

 

 

うし
Googleで「給食 画像」と検索すると出てくるよ。

 

え‼︎これだけ〜。

(デザートの草はないの)

 

 

うし
もし、これを見て、物足りないと感じるのなら、見直した方がいいかもね。

 

 

病院食や給食のメニューは、栄養士さんが、栄養バランスやカロリーを、計算されています。

 

なので、そのままパクればOK。

 

繰り返し見て、食事の目安にしましょう。

 

うし
家族の残り物の、「もったいない食べ」、にも気を付けようね。

 

▶︎関連記事:ダイエットウォーキング】「食前食後」どっちが減量できる?

▶︎関連記事:【食べ過ぎた次の日】「リセット」する時の6つの注意点

 

カロリーを意識しているが、糖質は気にしていない

 

ダイエットをしている人であれば、カロリーを気にしているはずです。

 

意識しているよ。できるだけ低カロリーを選んで、買っているよ。

 

うし
チョット待った‼︎

 

カロリーを意識することは大切なんだけど、気をつけないいけないのが、「カロリー」を見ても、「糖質」は見てないことがあります。

 

カロリーを抑えていても、糖質たっぷりだと、ダイエット効果は現れにくくなります。

 

理由は、運動しても、糖質を優先的にエネルギーに変えるので、脂肪の燃焼は、後回しになるからです。

 

具体的には、同じ300kcalでも、ご飯やパンと、肉類では、糖質の量が違います。

 

すると、ご飯やパンには糖質が含まれるので、運動しても、なかなか脂肪を燃焼しません。

 

なので、カロリーと同時に、糖質も取り過ぎていないか、見直してみましょう。

 

菓子パンを食べている

 

うし
菓子パンは、ホンマに危険っス‼︎

 

手軽に食べられて、美味しいのが菓子パン。

 

しかし、ご存知の通り、糖質たっぷりです。

 

食べている最中は美味しいが、意外にお腹は膨れず、腹持ちも悪い。

 

もし、ウォーキングしているけど、結果が出ないのであれば、菓子パンを一旦、ストップしてみましょう。

 

極端に抜いている

 

「ダイエットだ」、「カロリー制限だ」と極端に、食事を抜いていませんか?

 

極端に食事制限をすると、痩せにくくなります。

 

理由は、空腹時間が長いと、脳は餓死する勘違いして、省エネの身体になるからです。

 

具体的には、一日に1食だとカロリー制限はできますが、次の食事までの空腹時間が長いので、脳は省エネのスイッチが入り、極力エネルギーを使わない体になります。

 

また、次の食事の時に、できる限りの栄養を吸収しようと、吸収がよくなり、太りやすい体質になります。

 

そして、空腹時間が長いのがストレスで、どこかで、ドカ食いして、太りやすくなっている、という悪循環にもなりやすい。

 

空腹でイライラするから、丘の草を全部食べてやったぜぇ〜。

 

うし
ドカ食いだけど、ヘルシーだね。

 

▶︎関連記事:【ダイエット】「基礎代謝を上げる」には?今日からできる3つの方法

 

タンパク質が足りない

 

運動しているけど、成果が出ないのであれば、タンパク質の摂取が、少ないかも知れません。

 

理由は、タンパク質の摂取が少ないと、筋肉量が少なく、基礎代謝が少ないからです。

 

具体的には、運動には2つのダイエット効果があります。

 

  1. カロリー消費
  2. 筋肉をつける

 

運動をして筋肉を使うと、筋肉が丈夫にしっかりとしてきます。

 

すると、基礎代謝が増えて、同じ運動量でも、消費カロリーが多くなります。

 

逆に、筋肉が少ないと、基礎代謝が少ないので、同じ運動でも消費カロリーが少なく、ダイエット効果も出にくくなります。

 

だから、ウォーキングしても、効果を感じられないのであれば、タンパク質の摂取を見直してみましょう。

 

▶︎関連記事:【ゆで卵ダイエット】「1日に何個」食べる?いい「卵の選び方」を解説

 

【ダイエットウォーキング】効果がない時に見直すポイント3:間食

 

ウォーキングしても、ダイエット効果を感じないときに、見直すポイントの3つ目は間食です。

 

水を飲んでも、太るタイプなんだ。

 

うし
多分、それは、砂糖水だね。

 

間食で見直すべきポイントは、次の通りです。

 

  • 1回の量は少ないが、1日にすると多い
  • 小麦+砂糖
  • 野菜ジュースなど、知らず知らずのうちに砂糖をとっている

 

それぞれ、解説していきますね。

 

1回の量は少ないが、1日にすると多い

 

お菓子は、たくさん食べいないよ。

いつも、クッキー2枚とかだし。

 

 

うし
‼︎。昨日は何回食べた?

 

…。10時、昼食後、15時、食事の準備中、夜、スマホを見ながらコーヒーを飲んでいるとき。

 

一回の量は少なくても、コーヒーを飲むたびに、お菓子をつまんでいると、意外にたくさん食べていることになります。

 

1日のお菓子の「量を決める」か「食べる時間を決める」かしましょう。

 

▶︎関連記事:【焼き芋ダイエット】さつまいもは糖質が多く太りやすい?本当に痩せられる?

 

小麦+砂糖

 

ドーナツ、どら焼き、カステラ、バームクーヘン、タルト、クッキー、カロンなどなど。

 

 

どれも大好き。

 

本当に美味しいですよね。

 

しかし、やはり糖質を、取りすぎてしまいます。

 

常に糖質高い状態だと、頑張ってウォーキングしても、脂肪の燃焼まで、たどり着きません。

 

どれぐらいなら、食べてもいい?

 

うし
週に1回、1個ぐらいかな。

 

え‼︎
うし
え‼︎

 

▶︎関連記事:【見直しガイド】炭水化物を抜いても痩せない人の5つの特徴

 

野菜ジュースなど、知らず知らずのうちに砂糖をとっている

 

野菜ジュースと聞くと、何となく健康そうなイメージですが、砂糖を多く含むものもあります。

 

野菜ジュースを飲むなら、砂糖を含まない物を選びましょう。

 

▶︎【空腹対策】「低糖質、低カロリー食品」ランキング(罪悪感なく食べられる)

 

【ダイエットウォーキング】効果がない時に見直すべき3つのポイント(まとめ)

 

今回は、ウォーキングで、効果がないときに、見直す3つのポイントについて、解説してきました。

 

うし
本記事の要約だよ。

●【ダイエットウォーキング】効果がない時に見直すポイント1:ウォーキングのやり方

  • ウォーキングする時間
  • ウォーキングするタイミング
  • 運動としてのウォーキング

●【ダイエットウォーキング】効果がない時に見直すポイント2:食事

  • 量や質の見直し
  • カロリーは見ても、糖質は見ていない
  • 菓子パンを食べている
  • 極端に食事を抜いている
  • タンパク質が足りない

●【ダイエットウォーキング】効果がない時に見直すポイント3:間食

  • 1回の量は少ないが、1日にすると多い
  • 小麦+砂糖
  • 野菜ジュースなど、知らず知らずのうちに砂糖をとっている